読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【分かち合い文化の伝承】 ブライズメイドという花嫁の幸せを友人が支えるお手伝い!ブライズメイド専門店Dress ON Timeのブログ

古くは古代ローマ時代から続く素晴らしい『ブライズメイド』という文化を正しく伝承するためにブライズメイド情報で日本No.1の提供を目指しているブライズメイド専門店Dress ON Timeのブログ。

楽しい余興と最悪の余興の分かれ道・・・

合ってる?結婚式・2次会・お呼ばれマナー

こんにちわ!

 

ブライズメイド専門店 Dress ON Timeの谷口です。

 

本日は楽しい余興と最悪の余興の分かれ道・・・ということで、楽しい余興も時として新郎・新婦に迷惑をかけてしまうことにもなるという点についてご共有させていただきます。

 

余興というのは、結婚披露宴で重要な催しの一つですよね。

 

そして、多少なりとも厳粛なムードから楽しい雰囲気に変えてくれる1つの出来事

 

あまりにも長い時間厳粛なムードが続くと新郎新婦もゲストも気疲れしてしまいますもんね。

 

余興をする側としては、新郎・新婦の喜ぶ顔が見たくて、すごく前から準備をしていることでしょう。

 

でもそんな楽しい楽しい余興が時として新郎・新婦に迷惑になってしまうとしたらどうでしょうか?

 

 

嫌ですよね!

 

f:id:dressontime:20160814074521j:plain

 

 

せっかく自分たちが考えて二人に喜んでもらおうとやったことが裏目にでるなんて・・・

 

 

では、そんな状態にならないようにするにはどうしたらいいのか?・・・・

 

 

 

まずはそもそも余興というのはどういうものなのかを考えてみましょう!

 

 

簡単にいうと

 

「メインセレモニーをより印象深いものにしたい!」 

 

「参加者みなさんに楽しんでもらいたい!」

 

 という目的で行われるエンターテイメントの事ですよね。

 

f:id:dressontime:20160814074555j:plain

 

参照:http://www.sentimental.biz/

 

しかも余興というのは案外印象に残りやすく、新郎新婦にとってもゲストにとっても、結婚式中の想い出 が 1 つ増えます。

 

 

以外にも結婚式が終わった後々、結婚式の動画や画像を見て「こんな楽しいことあったね」「余興盛り上がったね」と振り返って余韻に浸ることが多いんです。

 

なおさら失敗なんてできませんよね。

 

そこで、失敗しないための3ヶ条があります。

 

①下品になりすぎない!!

 

よく体育会系の余興であるのですが、パンツ一丁でワイワイ騒ぐような余興がたまにありますが、結婚式というのはいろんな世代の方が参加しておられます。

 

確かに見た目は面白いかもしれませんが、ご年配の方々や上司、親族の方にとってふさわしいものでしょうか?

 

せっかく新郎・新婦が長い時間をかけて準備をした結婚式をぶち壊しにしたくはないですよね。

 

ですので、下品になるような余興というのはやめておいた方が賢明です。

 

もし、余興の打ち合わせのノリなどで話題に上がっても冷静になった方がよいと思います。

 

②身内ネタをしない

 

身内しかわからないような友人達だけが楽しめる余興というのもなかなか難しいものがあります。

 

こちらについても余興というのは新郎・新婦だけでなく他のゲストの方にもあの余興よかったね!結婚式よかったね!と思ってもらえることが第一と考える必要があります。

 

会場のゲストが置いてけぼりになるのはさけたいですよね。

 

 

③場が盛り上がったり、ゲストみんなが参加できるものにする。

 

会場の一体感というのは非常に大切です。ゲストみんなが見いってしまうようなムービーやゲスト全員が参加できる大合唱などは本当に一体感ができます。

 

特に気をつけるべきはどの世代でも知っている有名なものがいいですよね。

 

例えば、AKB48やエグザエルなどテレビで人気のものなどはゲスト全員が「あ~知ってる」となるような知名度のあるものだと抵抗なく余興をみることができるので、オススメです。

 

 

このような失敗しないための3ヶ条をもとに余興をするとより新郎・新婦が喜んでくれるような余興を作り上げることができますよ。

 

本日は楽しい余興と最悪の余興の分かれ道・・・ということで、楽しい余興も時として新郎・新婦に迷惑をかけてしまうことにもなるという点と失敗しないための3ヶ条についてご共有させていただきました。

 

 

私は余興をするなら断然ムービーをオススメしますね(^ ^)

 

やはり映像として残りますし、ゲスト同士で結婚式を振り返った時にも話にも出やすいですし♪

 

是非、疑問や不安な点があれば気軽にコメント欄やメッセージに連絡くだだいね(^ ^)

 

Dress On timeへはこちらhttp://bridesmaid-mks.com/

 

ブライズメイド専門店

 

Dress ON Time

 

店長 谷口